ウクライナ報道が浮き彫りにする人種差別のダブルスタンダード

最近こんな言葉をよく耳にする。

「ウクライナ大変だね。」「戦争はよくない。」「平和戻ってほしい。」「ロシアはひどいね。」

私が国際報道部で働いていることを知る友達や家族からも、「毎日忙しいよね」といたわりの言葉をもらうのだが(実際侵攻の気配が出始めた頃からとても忙しくなったし、部署の人員も大幅に増えた。)、そのたびに私はとってもモヤモヤしている。

「ウクライナに手を出すな」渋谷駅前で侵攻へのデモ(2022年2月26日)

紛争はずっと世界で起こっている。市民が住んでるところに空爆が落とされ、子供含む命がなくなっているのは、ウクライナだけじゃない

そんな状況から逃れようと他国に行っても、受け入れ拒否される。

紛争でインフラや土地は破壊され、農業はできなくなり、飢饉で大勢の子供が死んでいる。

なのに・・・ウクライナだけなんでこんなに注目されるんだろう・・・

そんなときに、NBCのオピニオン記事で見事に私もモヤモヤが論理立てて書かれている記事を見つけた。

そう!まさにこれ!!!

素晴らしい記事だったので、下記、日本語で翻訳記事を書いてみた。

ウクライナ報道が浮き彫りにする人種差別のダブルスタンダード

ーウクライナへの連帯の波は感動的だが、いかに中東の人々の死をより寛容なものにしているかを示している。ー

2022年3月4日
ジャーナリスト、映画制作者、医師 Ahmed Twaij 著

ロシアのウクライナ侵攻は、本格的な戦争が勃発し、世界を驚かせた。

ウクライナでの残虐な行為は、世界中で広く報道されている。

しかし、この報道は、非ヨーロッパ人の命に対する明白な人種差別的、偏見的な態度を炙り出してしまったのである。

CBSニュースの上級特派員であるチャーリー・ダガタは、キエフからこう報告した。

「ここは、失礼ながら、イラクやアフガニスタンのように、何十年も紛争が続いているような場所ではない。」

「言葉を慎重に選ばなければならないが、ここは比較的文明的で、比較的ヨーロッパ的な場所だ。」

「そんなことが起こるとは思ってもみないし、そうなることを望んでもいなかった街だ。」

西欧諸国は、ヨーロッパ以外の紛争で死んでいく人々よりも白人の命を大切にする。

この発言はネット上ですぐに反発を招き、ベテラン特派員は謝罪を余儀なくされた。

彼の発言は、西側世界がヨーロッパ以外の紛争で死んでいく人々よりも白人の命を大切にしているという憂慮すべき事実を浮き彫りにしたのである。

イラクやアフガニスタンで失われた何十万人もの命に対する厚かましい態度は、中東での紛争を正当化するものであり、嘆かわしいことである。

イラクは文字通り「文明の発祥地」と呼ばれ、バグダッドはかつて世界の科学の中心地であったことを忘れてはならない。

キエフが暴力を「期待」しない都市であることには同意するが、バグダッドやカブールやその他の都市で暴力を「期待」することもないだろう。

このダブルスタンダードはおかしすぎる。

「今、彼らに想像を絶する事態が起こっている。これは発展途上国の話ではなく、ヨーロッパの話だ。」とキエフのITV Newsでルーシー・ワトソンは感慨深げに語った

この発言なんて、まるで11年前にシリア人は壊滅的な戦争に巻き込まれると思っていたかのようだ。

巡航ミサイルを恐れるのは誰でもだろう。

しかし、BFMテレビのあるフランス人コメンテーターは、他の場所への攻撃なら考えることができるという。

「ヨーロッパの都市にいるのに、イラクやアフガニスタンにいるかのように巡航ミサイルが飛んでくる、想像できるだろうか 」と。

イギリスの評論家ダニエル・ハナン氏は、テレグラフ紙にこう寄稿した。

「彼らは私たちと同じように見える。それがとてもショッキングなことだ。ウクライナはヨーロッパの国である。国民はNetflixを見たり、Instagramのアカウントを持っている。戦争はもはや、貧しく辺境の民に訪れるものではないのだ」

ハナンは、(少なくとも公には)Instagramを使っていないが、西欧諸国以外でも多くの人々がInstagramを使っていることを知れば、驚くかもしれない。

例えばイラクでは、人口4,000万人のうち3,000万人近くがソーシャルメディアを利用していて、そのうち1,500万人以上がInstagramを利用している。

中東でもNetflixのストリーミングサービスに、多くの人が夢中になっている。

問題は、非ヨーロッパ人が私たちと同じか違うか、ということではない。

非人間的な生活が長年にわたって続くことで、彼らの死が許容範囲になったということだ。

彼らの死は新聞の中の統計に過ぎなくなった。

【イエメン】食料危機深刻…背景にウクライナ侵攻も

ジャーナリストたちは、流血が黒人や褐色人種だけのものであるかのようにショックを受けてウクライナから報道している

エンターテインメントの世界でも、ウクライナに比べ、中東の戦争を軽く見る傾向が非常に顕著だ。

例えば、先週末のNBCの「サタデー・ナイト・ライブ」では、ニューヨークのウクライナ合唱団ドゥムカがウクライナへの祈りを披露し、沈痛な調子で幕を開けた。

2001年のアフガニスタン侵攻の際に行われた戦争パーティの寸劇と比較すると、この連帯が差別的なものになりうることは明らかだ。

このサディスティックな映像では、ウィル・フェレル、ジミー・ファロン、マヤ・ルドルフらが、”No more bearded dudes(ヒゲのオヤジはもういらない) “と歌いながら跳ね回っている。

20年経った今でも、アフガニスタンの人々にとって、この紛争は冗談では済まされない。

ハリウッドが、中東を戦争で疲弊した「貧しい」地域と表現するコンテンツに注力する代わりに、もっとポジティブな表現に資金を提供していれば、おそらく多くの人が戦争はこの地域につきもののものと思い込まず、そこで失われる人命をウクライナと同じように悲痛に思うようになったかもしれない。

むしろ、世界中のウクライナへの連帯の波には感動させられた。

しかし、イラク出身の両親を持つ有色人種として、これを選択的連帯と見なさないわけにはいかなかった。

BBCニュースに出演したあるウクライナ人関係者は、記者のチェックを受けずに、「金髪、青い目のヨーロッパ人が殺され、プーチンのミサイルで子供たちが毎日殺されているのを見て、とても感情的になっている 」と明言したのである。

同じロシアのプーチン大統領のミサイルは、シリアやチェチェンにも着弾したが、反応は控えめだった。

その影響は政策にも波及し、ヨーロッパ各国は、他の国には閉ざされていたウクライナ難民のための扉を開くようになった

右翼民族主義者のハンガリー首相ヴィクトール・オルバンは昨年、中東からの移民を「侵略者」と呼んだが、ウクライナ難民に関しては、「誰でも受け入れる 」と言っているのだ。

ブルガリアのキリル・ペトコフ首相は、ダブルスタンダードをさらに明確に表現した。

「この人たちは我々が慣れ親しんだ難民ではない…この人たちはヨーロッパ人だ 」と彼は言った。

「この人たちは知的で、教育を受けた人たちだ…これは我々が慣れ親しんだ難民の波とは違う。」

国際メディアの偏見を反映して、紛争から逃れようとするウクライナ在住のアフリカ系市民は、白人のウクライナ人とは異なり、国境を越えることを禁じられ、国境での人種差別を経験している。

ジャーナリストたちは、流血が黒人や褐色のコミュニティだけのものであるかのように、ショックを受けてウクライナから報道している。

実際には、多くのヨーロッパ人が90年代のユーゴスラビア紛争を経験している。

彼らの両親や祖父母も、第二次世界大戦の残虐行為を思い出すことができる。

しかし、「未開」で 「貧困 」とみなされるのは中東である。

第二次世界大戦の惨禍の中で、学歴やナチスとの関係を問うことなく難民を受け入れたのは、この「未開の」中東であった。

中東での戦争を絶えず矮小化し、国民全体を非人間的にする現象は、今に始まったことではない。

米国で暴力が勃発するたびに、識者は 「これは米国であって、中東ではない 」というメッセージを発信する。

昨年1月6日の米国連邦議会議事堂への暴力的な襲撃の余波で、CNNのアンカー、ウルフ・ブリッツァーは同様の発言をした。

彼は州兵の写真をツイートし、「多くの通りが閉鎖されている。バグダッドやモスル、ファルージャで見た紛争地帯を思い出すよ。とても悲しいことだ。」

ブラック・ライブズ・マター抗議デモを受け、ニューヨーク市警の元委員は、中東の光景と比較した。「これはバグダッドでもモスルでもファルージャでもなく、アフガニスタンでもない!ミネソタ州ミネアポリスだ…」とツイートした。

ウクライナへの心からの連帯は、困っているコミュニティを支援する希望を示し、ジャーナリズムは同国で起こっている残虐行為を啓発するために不可欠である。

しかし、そのような報道は、他者を犠牲にするものであってはならない。

この問題の一因は、ジャーナリズムが世界中で表現の問題に悩まされていることだ。

米国では人口の40パーセントが非白人だが、2020年のロイター・インスティテュートの調査では、オンラインのトップニュース10社とオフラインのトップニュース10社を調査した結果、トップ編集者のうち非白人はわずか11%だった。

メディアの代表がもっとしっかりしていれば、もしかしたらダガタ氏らによる誤りは避けられたかもしれない。

彼が「慎重に」言葉を選んだことを念頭に置いて、ジャーナリストが動揺したときに何を吐き出すかを考えるとゾッとする。

私たちはこの人種差別と闘わなければならない。

どんな命も他の命より大切、ということはないのだから。

元英文記事:https://www.nbcnews.com/think/opinion/ukraine-russia-conflict-highlights-racist-double-standard-ncna1290822

タイトルとURLをコピーしました